貫(つらぬき)

45,360円

日本でも平安時代のあたりには皮履(かわぐつ)が普及しはじめ、鎌倉時代には武士たちに使用される様になり...

鋭応(えいおう)

55,080円

武士が戦の際に使用する履物、とりわけ指揮官クラスが履くイメージを形にしました。
「えいえい...

烏帽子形(えぼしなり)

39,960円

天先型の靴型で使いやすい日常履きを考え、シンプルなサボをデザインしたところ。期せずして烏帽子の形にな...

爪籠(内型)(つまご(うちかた))

55,080円



革布素材の確認はこちら

五枚丈・素型(すがた)

55,080円

地下足袋から派生した先丸地下足袋を、吉靴房がオールレザーでブーツとして生まれ変わらせました。
...

革下駄(全ヌメ仕様 角型)

25,920円

革下駄は靴屋の視点から日本の代表的な履き物である下駄を作り上げたものです。
デザインとして目を...

革下駄(全ヌメ仕様 丸型)

25,920円

革下駄は靴屋の視点から日本の代表的な履き物である下駄を作り上げたものです。
デザインとして目を...

踵単皮(あくとたび)

45,360円







本体革・甲細革・踏みつけカカト革 素材の確認はこちら

日和(ひより)

44,280円

下駄に日和下駄と呼ばれるものがあります。
その名のとおり晴天時に履くものですが、
そもそ...

段々サボ

39,960円







本体革①・②・③・④ 素材の確認はこちら

熊手ブーツ

51,840円

福をかき集める熊手。
アシツカミ短靴同様一目で吉靴房デザインとわかる破壊力。
他にはあり...

革下駄(襷留め(たすきどめ) 丸型)

29,160円




本体・鼻緒外側素材はこちら
襷(たすき)ベルト素材はこちら

革下駄(襷留め(たすきどめ) 角型)

29,160円




本体・鼻緒外側素材はこちら
襷(たすき)ベルト素材はこちら

単皮(たび)

45,360円

日本の履き物文化の新しい基本型をつくる。
吉靴房ではそのような理念があります。
足袋に革...

線鞋

46,440円

●線鞋”せんがい”
正倉院宝物庫に現存する繍線鞋(ぬいのせんがい)という履物があります。

現代わらじサボ(踏み踵)

45,360円

履物と切り離せない動作は脱ぎ履きです。
日本での日常履きといえばわらじ、脱ぎ履きの頻繁さにはサ...

五枚丈(先丸)

51,840円

地下足袋から派生した先丸地下足袋を、吉靴房がオールレザーでブーツとして生まれ変わらせました。
...

現代わらじサボ

45,360円

履物と切り離せない動作は脱ぎ履きです。
日本での日常履きといえばわらじ、脱ぎ履きの頻繁さにはサ...

タビッポン

44,280円

日本だからこそ誕生すべきデザインとは何かと考えた時、地下足袋と革靴を融合させることで、これまでに存在...

御沓

46,440円

吉靴房では日本古来の儀式用の履物である「沓」に敬意を表し、御沓(おくつ)というスリッポンタイプの靴を...

このページの先頭へ