革下駄(飛脚 角型)

29,160円
革下駄は靴屋の視点から日本の代表的な履き物である下駄を作り上げたものです。
デザインとして目を引く爪先の曲線が足に吸いつくような履き心地と歩きやすさを共存させています。
飛脚型は、カカト部分に飛脚ベルトを付けることで足への吸いつきを増すことによ
り更に履き心地が向上したデザインとなります。
通常の革下駄は素足を想定しているものですが、飛脚型は足袋型靴下や五本指靴下を着用していても、靴以上の履き心地が得られます。

素材は本体がヌメ革。形は角型。鼻緒は革か布、色・柄を自由に選ぶことができ、足首をホールドするYベルトも7種類の革素材からお選び頂けます。
また、かかとはヒール付なので交換が可能です。

ソールにはスニーカーにも使われるウレタン底を採用。靴の技法である掬い縫いを施すことで
特徴ある外見と底面の糸切れ防止にもなっています。

吉靴房の特長である“素足で畳や板の間に立った時の開放感”を最も実現している履き物です。
素直な素材を使用しているからこそ履き手それぞれの表情に変化し、履くほどに足になじみ、愛着がわいてくるはずです。
和洋折衷な装いを演出できるこの革下駄。ガンガン履きこむアイテムとして、是非おススメです!



製作例を見る

革下駄の製作風景を動画で見る


各パーツの名称


本体・鼻緒(外側)素材はこちら


飛脚ベルト素材はこちら

選択可能なオプション

数量