貫(つらぬき)

45,360円
日本でも平安時代のあたりには皮履(かわぐつ)が普及しはじめ、鎌倉時代には武士たちに使用される様になりました。
その精神性をデザインした天先型の短靴です。
特徴的な紐通し部は綱貫の名残。
現代の履き心地で時代を纏う。吉靴房の新たな提案短靴デザイン第一段です。

製作例を見る

各パーツの名称

本体革・ひも通し外革・ひも通し内革素材の確認はこちら


選択可能なオプション

数量